昨日のニュースです。

 

千葉県柏市の病院を受診した72歳の男性患者さん。老人ホームに入居中だったのだが、診察を終えて施設に戻るため、受付で介護タクシーを依頼した。電話をするための現金を持っていなかったらしい。受付は「対応が難しい」と断った。この方はパーキンソン病で要介護3。その後、行方不明になり、約一か月後に別の場所で遺体で発見された。

 

 

 

「患者からの配車依頼は受け付けない」というルールがこの病院にあったと推察されます。そして、事故は発生しました。ホテルのレセプションと同様には難しいでしょうが、患者さんへの思いやりが大切です。対応した職員を責めるのではなく、ルールを見直してほしいと思います。

コメント
コメントする